column 近江八幡市観光ボランティアガイド協会さんの会議にお邪魔してきました。

こんにちは!
とっておき近江八幡リポーターのツジです!

今回、ふるさと再発見ガイドブックの編集の中で、『近江八幡市
観光ボランティアガイド協会さんの会合にお邪魔してきました。

『安土地域で観光ガイド最も多いリクエストは?』
と尋ねると、やはり「安土城」、続いて「観音寺城」の名前が出てきました。
お城ファンの多さを感じます。

でも、今回は近江八幡市民向けのガイドブックの制作のために訪問しているのです…!

『有名どころばかりじゃ面白くありません!
もう少しひっそりとしたところでどこかありませんか?』

不躾な質問かとも思いましたが、
優しそうなガイドさんたちなら答えてくれるかも知れない…
という期待を胸に待っていると

 

 〈ボランティアガイドの中西さん〉

ー それでは、日本で最初に養蚕を始めたと言われている『桑實寺』はいかがでしょう?

季節ごとに色付く梅や桜、ツツジ、アジサイ、モミジなどが見応えあります。
到着までに長い石段を登る必要もあって、運動不足の解消にもおすすめです。

ー あとは『観音正寺』もいいですよ。

聖徳太子が出会った人魚を成仏させるために建てたとされています。
聖徳太子ゆかりのお寺は日本各地にありますが、
人魚のためのお寺は日本ではここだけです。

ー 他にも県下最大の前方後円墳『安土瓢箪山古墳』もいいかも知れません。

近くまで車で行くこともできますし、古墳の上にも登ることができます。

ー そういえば、安土のモンサンミッシェルって聞いたことありますか?
『福島弁財天』のことなのですが。

今は干拓されてしまいましたが、
昭和10年頃までは琵琶湖の内湖に浮かぶように存在していたようです。
戦国時代の漁師さんの逸話などもありますよ。

 

さすが!ガイドさん!
聞けば聞くほど市内の観光資源がいくつも出てきます。
おすすめが山の途中だったり、普段なかなか通らないところなど、
話を聞いてもどこにあるのか見当もつかないような場所もあり、
近江八幡の歴史と文化の深さに驚かされました。

安土のとある森の中にあるという『海上安全の看板』の話や
桑實寺にある『瑠璃石』の話などロマン溢れる内容も聞け、安土を探検したくなりました。

まだまだ驚きと発見、そして楽しく近江八幡を知りたいという方は
近江八幡駅北口観光案内所 0748-32-7003
安土駅観光案内所 0748-46-4234 
へぜひお問い合わせください。

 

もちろん毎月第2日曜に実施の予約不要のガイドツアーに参加されるのもおすすめです。
武将隊にも会えますよ!

近江八幡市民だけど、ガイドさんにお願いしてもいいのかな?などという心配は無用。
ガイドの皆さんは案内したくてウズウズされています!
「まだまだ知らない安土について」のお話がたくさん聞けますよ。

【オフショット】

↑冊子に掲載できなかった集合写真。
後ろにあるのは織田信長公が好きだったとされる相撲を表した力士像。
ガイドさんたちの笑顔の後ろで真剣な取っ組み合いをしています。